会員ログイン
無料会員登録はこちら

LotoPlaceニュース

2021/04/03 08:00

四日市競輪G3 『ベイサイドナイトドリーム』競輪小僧独自コラム


AI_BATTLE

競輪小僧の予想

競輪小僧
1日予想


ベイサイドナイトドリーム

いよいよ開幕!
新年度一発目のグレードレースはこちら。

『ベイサイドナイトドリーム』(G3)
2021年4/3.4.5.6日の四日間
三重県四日市競輪場にてナイター開催される。

今節は、S級9R4日制とL級3R4日制の番組構成になっている。

S級戦
欠場組は
柴崎淳、野田源一、岡部芳幸等が欠場し
追加組は
坂本亮馬、三宅裕武、山田敦也等5選手が追加斡旋されている。

L級戦
欠場組は
加瀬加奈子が負傷欠場し
追加組は
田中麻衣美が追加斡旋されている。

SSからは4選手が登場。

競走得点トップで登場の松浦悠士(広島)
2021年に入ってから斡旋全ての7連続優出中の松浦。
G3は、和歌山記念、高松記念、玉野記念と優勝3回。
前節のウィナーズカップでは、1着こそ無かったが二次予選3着、準決勝2着で勝ち上がり。
決勝では、清水裕を背負い自力勝負。
カマシで踏み上げながら高橋晋也の番手を獲り、間髪入れず捲りを決める。
清水裕の優勝に貢献しての3着。
疲れが心配されるが、今節も中心的存在。
優勝候補筆頭。

競走得点2位で登場の平原康多(埼玉)
松浦同様、今年も活躍が目覚しい平原。
立川記念、大宮記念と連続優勝。
大垣記念も優勝し今年に入りグレードレース3回優勝。
期待されたウィナーズカップでは、二次予選を黒沢の番手から難無く勝ち上がり。
準決勝では、吉田拓に任せての番手戦。
吉田拓と寺崎のもがき合いで自力に切り替えゴール前迫ったが惜しくも4着敗退。
最終日の特別優秀では、新山響の先行を捲り追い込みで仕留めたが、ジャン手前で松本貴を押圧し1着失格。
今節雪辱を誓う。

初SSでも持ち味を存分に発揮している守澤太志(秋田)
今年に入り、斡旋全ての5連続優出中で安定感抜群の守澤。
前節のウィナーズカップ準決勝では、若手有望株の自力、高橋晋の番手戦。
別戦を完封し、見事な仕事でワンツーを決めて決勝へ。
準決勝同様、高橋晋に任せての決勝。
松浦に番手を獲られて、内に詰まる苦しい展開で7着。
踏み出しには課題が残ったが、3連対率の高さは魅力充分。
今節もファンの車券に貢献する。

今年も落車で苦しんでいる和田健太郎(千葉)
今年に入り、初戦の和歌山記念では優出して、決勝では3着と好スタート決めた和田健。
2月の奈良記念準決勝で落車。
全日本選抜競輪では、怪我の影響が懸念されたが、郡司、深谷と共に南関連携を決めて決勝3着。
ウィナーズカップ二次予選では、蕗澤と東口の接触に巻き込まれて落車。
3日目、4日目と落車の影響も有ったのか、5着4着と3連対無しの悔しい結果に終わった。
今節は、深谷、根田等の南関自力型が揃って居るだけに怪我の影響を払拭出来るかが焦点。

地元三重勢からは
浅井康太(三重)、皿屋豊(三重)、舛井幹雄(三重)、鈴木幸紀(三重)、三宅裕武(三重)、上田国広(三重)、伊藤稔真(三重)
総勢7選手で地元優勝を目指す。

同時開催されるL級ガールズ戦。
6連勝中で今節のシリーズリーダーの石井寛子(東京)
3連対率91.6%、抜群の安定感を誇るレース巧者小林莉子(東京)
今年に入り優勝は1回だが、自力に磨きが掛かる細田愛未(埼玉)
2月に初優勝をしてから、着実にステップアップしている南円佳(鹿児島)
長丁場の4日間開催で凌ぎを削る。

いよいよ開幕!
『ベイサイドナイトドリーム』
四日市ナイター(G3)
直線長い四日市競輪場で、どんなドラマが繰り広げられるのか。
車券購入は
『LotoPlace(ロトプレイス)』
からお願い致します!!!

(記 京凛敬三)


競輪小僧(けいりんこぞう)

自称競輪芸人。学生時代は陸上部で長距離ランナーとして県大会にも出場。上位の成績をもつ。
全国の競輪場でのイベントや中継でも活躍。過去に複数回AI予想と対決し善戦している。